ネクタイを締める理由

アルバム09年12月29日「ネクタイを締める理由」を追加

sk0

「ネクタイ締めてると、ほれ冬場は暖けぇ(あったけぇ)んさね。」というのはもちろん照れ隠しだ。ここは国道からは離れており、訪れる客はこの近所の顔見知りばかりである。ネクタイぐらいしなくても誰も文句を言う人はいないだろう。二度目に訪問したのはシャツ1枚になりたいような7月の暑い午後だったが、きちんとENEOSのカバーオールを着て子供用自転車のチェーンの引きを調整しておられた。そういう人柄なのだ。

ほとんどの客は給油が終わってもそのまま店主と立ち話をつづけて、5分たっても10分たっても去ろうとはしない。はじめて訪問したときも、カメラを抱えたままこの対岸の位置から、ずっと客が途切れるのを待っていたことを思い出す。

この給油所はもともとこの橋の完成と同時期に、現在の位置の対岸で開業した。数年後、新築移転したが、建築中の建物を見て村の人々は「ああ、やっと駐在所ができる」と勘違いしたそうだ。そのためではないだろうが、セールスルーム入口の頭上に、まるで表札のように防犯連絡所の標識が取り付けてあった。

sk03

sk05