ちょうど日没時、あたりの民家からも夕餉の香りが漂うなか、偶然通りかかった食堂。

あぁ、だめだ。もう腹が減ってたまらない。