ガソリンスタンド巡りはロケハンと本番の2回を敢行することが多い。
この地方には3週間前に一度来たのだが、ひさしぶりの好天に恵まれたので、また足を運んだ。
前回、この店の前を通りかかってちょっと気になっていたのだが、こんどは昼下がりのちょうどよい時間帯になったので、ノレンをくぐってみた。

この店、入ってみてはじめて知ったのだが、本当の屋号はみどりやではない。じゃあ、なぜみどりやの看板がかかっているのかというと、先頃公開された映画のロケにこの店が使われて、そのときにとりつけられた看板をそのまま残して営業しているのだそうだ。

この看板はよくないと思う。せっかくのこの店舗の風情が台無しである。やはり作り物くさい感じがミエミエなのである。自然に傷んだ感じをだそうとわざと不等間隔に、わざと不揃いにとりつけてあるのだが、そのわざとらしさが見えてしまうのである。
なんだよこのパソコンで打った太ゴチの書体は。これぐらい手抜きせず手書きで作れよ、と美術担当者に言いたい。まあ、担当者もまさかロケ終了後もそのまま使われるとは想像もしていなかっただろうが。

食べ物ブログではないので、何を食べたかとか出てきたものの写真は掲載しないが、お店の名誉のために、味は悪くなかったことは書いておきます。