10月1日に新日本石油が九州石油を吸収合併して以来、約700店舗あった旧九州石油のサービスステーションが順次ENEOS指定色に塗り替えられている。

11月は休日出勤、出張、悪天候などが重なって、ほとんどガソリンスタンドの撮影に出かけることができず、フラストレーションはたまるわ、この時期にまた廃業しているスタンドがあるんじゃないかと思うと気が気じゃないわで、ずっと鬱屈した毎日を過ごしていたが、先日偶然ENEOSに塗り替えている途中の九州石油の給油所にでくわした。

ちょうどお昼どきで4人のペンキ職人が休憩を取っているところで、この写真は午前中に左側から攻めてきてここまで塗り終えた途中経過だ。給油所の人の話によると、二日間ですべて完了の予定らしい。このStorkカラーが消滅すると、青系の塗装はゼネラルだけになってしまうのもさびしい。

さて、つぎは来年ENEOSと統合合併するJOMOである。どうなるのか非常に楽しみ。
できればあのJOMO塗装は一掃されるとうれしいというのは、写真を撮る側の勝手な希望なのだが。とにかくJOMOのスタンドは、なんとも冴えない塗装色が建物の魅力を殺してしまっている。どうがんばってみても、いい写真が撮れないのだ。