ひさしぶりに「おしゃれな美容室」収集の近況報告をしておきたい。

1つ目は残念ながら廃止店舗だが、見事なペンキ文字だ。だいたいこういうすばらしい建物に限って、政党ポスターが貼ってあって台無しになっているものだが、この物件はポスターがほとんど気にならないほどの存在感がある。

その関口美容室から離れることわずか500mのところに、パーマみどりがあった。この町は狙い通り「おしゃれ美容室」の当たりの町だった。いかにも「おしゃれ美容室」が生息しているような気配が訪れる前からわかっていたのだ。

「おしゃれ美容室」はガソリンスタンドと同様に急速に消滅しつつある。スタンドと違って廃業後の取壊しにコストがあまりかからないので、かんたんに建替えられたり、コインパーキングに転用されたりしてしまって、廃止店舗も見つけることがだんだん難しくなっている。ひきつづき採集作業に努力したい。