志村理髪店

堂々たる看板建築。サッシはアルミに換装してあるが、窓下の黒いタイル使いや、斜めにセットバックした入口扉など、伝統的な理髪店様式だ。二階の物干し台が大きめなのは、店で使う大量のタオルを干すためか。
お父さんに手をひかれた幼稚園児が、ちょうど店に入って行くシャッターチャンスを逃してしまったのが残念だった。