barber20120803a

理容業組合加盟店の小さな袖看板が一つ残っていなければ、かつてこの建物が何を営む店であったのか、想像できる人はすくないかもしれない。しかし入口扉が塞がれた今でも、この建物は理髪店建築の典型的な様相を濃く残している。できるだけ窓面を大きく取って採光を良くし、側面にも大きく低い窓が開いている。

窓枠も含めて木造であることや、犬走りがないことを除外すると、給油所のセールスルームと共通する雰囲気もある。自分はどうしてもこういう形式に自然に惹かれてしまうのか。