「なんだかこの美容室建築シリーズが、だんだん暗く陰気になっているみたいだ、大丈夫か?オイ。」という感想を頂戴したので、今日は明るい印象の写真をお届けしたい。

見事なタイル壁、木製の窓枠、庇のカーブや飾り穴。とても美しい物件だ。出窓のような部分に置いてあるのがダルマだったりなんだかよくわからない人形だったり、展示テーマに一貫性がないところも立派である。

ただひとつ残念なのは、この店舗が観光客が集まる景観保護地区にあるということだ。あと営業中ならばもっとよかった。すでに廃業店舗で意図的に保存されているものだとすれば、魅力半減である。