食料品店、美容室建築、自動車修理工場といった当ブログのテーマシリーズに押されているが、大衆食堂も重要なテーマの一つである。
akabane
赤羽根食堂。残念だがすでに廃業している。繁盛していた頃の姿を見てみたかった。
この街には古い土蔵や看板建築の商店が数多く残り、それを観光客にアピールした景観地区が設定されて街並みが保存されている。
しかし同じ道筋にありながらこの食堂はその区域からは外れていて、まったく観光客の姿はない。おそらく保存指定にもなっていないだろう。それでも意図して保存されたものには決して宿らない、この建物が持つ魅力に足を止めずにはいられなかった。

akabane2

ところでこの写真はiPhone4Sで撮影している。ブログにアップする程度の写真なら、デジカメでなくても、iPhone4Sでもう十分なんじゃないかと実感した。