Archives for 3月 2009

妄想F不動産 [2] 春のファンタジー

今回お送りする妄想F不動産の F は Factory ではなく、Fantasyである。 これは居住用としては不向きだけれど、ひとつは持っていたい物件だ。 プール付きの豪邸とかプライベートビーチの所有者というのはいくらでも […]

どこかで見たような子供

このブログは、最近のくだらない政局の抗争とは無縁でいたいとつねづね思うのだが。 さて、これは先日群馬県下の小さな町で見かけた交通安全の看板。 なんか子供が妙に大人びた表情をしているのが気にかかる。 しかも二人とも、どこか […]

ハードボイルド・タイムマシーン

仕事でストレスがたまったり、ガソリンスタンド巡りの帰りにひどい渋滞に巻き込まれると、その夜寝る前に大藪春彦の小説に手を伸ばすことがよくある。 大藪春彦のハードボイルド小説は数多くあるが、昭和25年に朝鮮戦争が起こってから […]

ダンメンに人影

古い街並みを歩いていると、一瞬視界の端に人影がよぎったので、立ち止まって見ると、 着物を来た女性のような形で白壁が剥げている。 写真を撮ろうと近づいてみると・・・ さらに腕を組んでうつむき加減に後をついてくる新たな人影が […]

Wrist Watch / Wish List [3]

またまた「こんな腕時計があったら、絶対すぐに買っちゃうよ」シリーズの第3作だ! これは腕時計というよりも、目覚まし時計のようにも見えるが、なかなかよいぞ。 11時がまたしても無いわけだが、だいたい11時に目覚ましをセット […]

ゴンスケ

ゴンスケは藤子不二雄のマンガにでてくる宇宙の芋掘りロボットなのだが、 こいつに会った瞬間、なぜかゴンスケを思い出した。 あとで確認してみると、しゃくれアゴはたしかに似ているが、目玉もないし、 だいいちカラダ全体のバランス […]

アコーディオン弾き

両肘を張ったその姿勢や、胸にちりばめたたくさんの押しボタンは 陽気なアコーディオン奏者のようだ。 ソンブレロなんか似合うかもしれない。 あと、こいつは習志野市の市章にも似ているのだ。

腕白坊主と相棒

遠くのほうから見ていると、本当に子供が立っているように見えるのだ。 近寄ってみると、こんどはLEGOのフィギュアのようでもある。

見ざる言わざる聞かざる

順番は左から「見ざる聞かざる言わざる」だけどな。

お茶目

こいつは、県立高校の正門前に立っている。 だから卒業生はいつまでもずっと、こいつのことを忘れないのさ。

ハンサム

いまでこそ旧道に立っているが、ちょいと前まではこいつモテモテだったんだぜ。 最近はイケメンとかいう言葉が流行っているようだが、 ハンサムとイケメンってのは全然違うんだよ。