Archives for design

自動車修理工場 [6] 北関東の整備工場

私鉄線の踏切の遮断機が上がるのを待っている間、なにげなく目をやった道路沿いの建物にちょっと驚いた。 じつにみごとな扁額である。まるで篆刻のようでありながら、いまでも通用するポップな感覚の文字が、几帳面に一寸の乱れもなくト […]

ランドリーを巡った日

しばらく前にロンドンに数日滞在する用事があって、半日ほど時間の余裕ができた。もとより観光名所はどこにも行くつもりがなかったが、ロンドンの市民が普通の生活をしている街並みを見物しに、ただ気のむくままに車を運転してぐるぐると […]

両備バスの四辺形

岡山県に両備バスというバス会社がある。おもに岡山県南部を広く営業範囲としてバスを運行しており、東京や大阪、四国方面にも長距離バスを走らせている。 数年前に岡山を旅行したときに、両備バスの停留所標識の造形が目にとまった。丸 […]

夢の看板

あたりまえのことではあるが、オモチャ屋の看板ほど子どもの心を踊らせるものはない。 この看板はすでに使われなくなった店舗の屋根で朽ちようとしているが、なかなか手の込んだアクリル板の曲げ加工と貼り合せがしてある。今はこんな手 […]

パチンコ看板職人

世の中にはその道の巨匠とか斯界の権威と呼ばれる人がいて、そういう人に図案や意匠を頼むとべらぼうな金額のギャラを要求されるが、それでも巨匠なんだからそれぐらいの報酬は当たり前だと、平気でまかりとおっている例がいくらでもある […]

山彦旅館

夏になると入道雲を見るのが楽しみだ。 東京で見る入道雲は、はるか遠く房総半島のさらに向こうにあって、追いかけても追いかけても近寄ることができないような気がする。 甲府盆地は文字通り山が屏風のように四方を囲んでいることもあ […]

美しい看板文字

これは山口県の小さな田舎町で、偶然通りかかったカラオケスナックの看板だ。 どう見ても、もはや道という字の原型を留めていないのに、それでも道としか読めないその字崩しの妙はすばらしいが、さらに驚くべきことにこの図案の中には、 […]

やるやる予告

もう何年も前のことだが、厳冬期のデンマーク・スウェーデン・フィンランドの三国へ給油所を撮影しに行った。その写真をはやく整理して公開しなければと思いつつ、あっという間に月日が経ってしまった。 やるやると言っておいてやらない […]

美容室建築 [25] 志村理髪店

堂々たる看板建築。サッシはアルミに換装してあるが、窓下の黒いタイル使いや、斜めにセットバックした入口扉など、伝統的な理髪店様式だ。二階の物干し台が大きめなのは、店で使う大量のタオルを干すためか。 お父さんに手をひかれた幼 […]

知らなかったよ

渋滞の名所。国道1号線の藤沢バイパス上り線。ここを通るのは、とっぷりと日が暮れた夜8時以降に決めていた。 その先、戸塚区に入れば、東俣野、影取、原宿とさらに激しい渋滞が待ちかまえている。 いつも先を急いでいて空に目をやる […]

呼ぶ声がしたのか

この写真は近所にある街の電器屋さん。昔はどこの町内にでも一軒はこういう店があったものだ。先週7月7日、前を通るとその隣にあった建物が取り壊されていた。ここに電器屋があることはよく知っていたが、その隣にどんな建物があったか […]

紀州の文字職人

すでに店舗としての役目を終えて、シャッターを閉ざしてしまった建物に、しばしば美しい絵画や文字を見つける。給油所巡りの途中にわざと路地やさびれた商店街の中に迷い込んで、そんな建物を探すのが習慣になってしまった。 いずれも和 […]

美容室建築 [19] スター美容園

最近流行りのカタカナのものは別として、美容室、美容院以外の漢字表記の例はあまりないが、美容園という書き方ははじめて目にした。しかも建物の状態も悪くない。 できれば真正面から撮影したかったのだが、なにぶん狭い路地で正面から […]

大佐渡食堂−食堂シリーズ [12]

大衆食堂シリーズも12店舗目となった。 大佐渡食堂。すでにタバコ店になっているが、目の前の国道1号線の盛衰を長年じっと見つめてきた建物である。 その勢いのある文字は、昔の映画ポスターを思わせる。耳を澄ますと、なんだか日本 […]

BEEF HOUSE

これは25年前にニューヨーク州の北部で撮影した写真だ。BEEF HOUSE。なんというストレートな屋号だろう。日本ならさしずめ牛丼屋というところか。 当時こんなロードサイド・フードの店舗建築に興味を持って写真を撮っていた […]